現代人を悩ませる自律神経失調症の正体とは

嘔吐や体重減少などの症状

ドクター

胆のうは、肝臓で作られた消化液の胆汁を集めておく袋状の臓器です。胆のうがんは、胆のうに発症する悪性のがんです。初期段階で発見されると、手術を行ってがん細胞を取り除き、放射線や抗がん剤による治療を行っています。

もっと見る

病院の良いところ

病院

小さなお子さんがいる家庭にとって、新宿にある内科はキッズスペースがあるので利用しやすいでしょう。また遅い時間帯の診察を望んでいる方は、ホームページで診療時間を確認しておくことが大切です。インフルエンザ予防のために、予防接種を受けるのもいいでしょう。

もっと見る

かかりつけ医を探そう

ナース

城東区でかかりつけ医となる内科を探すのは簡単なことではありません。しかし選択肢も豊富にあるので、万が一の事態に備えてかかりつけ医となる一つを見つけておくことは大切になってくることは間違いないのではないでしょうか。

もっと見る

カウンセリングによる療法

医者

十分な睡眠時間の確保

全身にありとあらゆる症状が現れてくる自律神経失調症。この自律神経失調症というものは、身体だけではなく精神的な症状をも発症してしまいます。また、自律神経失調症は、自らの身体に明らかな異常を感じているのにもかかわらず、病院で医師の診察を受けても異常は見つからないといった特徴を持っている病気です。このような病にかかる方々は年々増えてきており、場合によっては、精神的疾患であるうつ病となってしまう可能性もあるので、悪化してしまう前に、心療内科をはじめとしたクリニックや病院での早期受診が求められてきます。自律神経失調症となってしまう原因としてあげられるのは、自律神経そのもののバランスが崩れてしまうことにあります。睡眠不足の状態が続いていたり、何らかのストレスを長期的に抱え込んだりしていることによって、自律神経のうちの交感神経・副交感神経の働きに支障をきたしてしまいます。そのため、十分な睡眠時間の確保とともに、過度なストレスを溜め込まない暮らしを送っていくような工夫や生活習慣の改善などが必要となってきます。

ストレスと睡眠の関係

自律神経には前述の通り、交感神経と副交感神経とがあります。交感神経が活発になるのは主として昼間になり、脳や身体の働きも活性化させます。反対に副交感神経は夜間になると優勢になり、脳と身体を休ませるように、睡眠へと促します。これらのバランスの歪みから、自律神経失調症へと移行してしまうことになりますので、生活リズムを整えていくことは大切になります。また、ストレスが慢性化することによって、夜になっても交感神経が優位になり頭が冴え、眠りにつけなくなるといったことも起こります。とくに、昼夜逆転型の生活をしている方は、自立神経失調症になりやすい生活スタイルであるといえるので、その改善に努めていくようにしたいです。自律神経失調症の症状をなくしていくための治療方法には、心療内科などで処方される薬や、漢方薬による薬物療法の他にも、心の専門家である臨床心理士や心理カウンセラーなどによる、心理療法というカウンセリングからのアプローチで、自律神経失調症の治療を行なっているところも増加傾向にあります。